HomeLandick

Performance

標準仕様

ホームランディックが
自信をもって提供する
お家の標準仕様・性能

※内装は「class M」「class H」共通になります

01
間取り参考例 30坪

1F

1F

2F

2F

天井高
1F:H2500
2F:H2400

カーテンレールが付いてきます!
※カーテンは含まれません

床下合板
28mm
※通常は24mm

02
水まわり

作製洗面化粧台

ユニットバス
TOTO サザナSタイプ

お風呂はゆったり1616サイズ。

1Fトイレ

TOTO タンクレス+手洗い収納

2Fトイレ

TOTO ウォシュレット一体型
ZJ(4.8L仕様)手洗いあり

キッチンタイル
WOOD ONE su:iji NZ20 (ガス)

キッチン背面収納

造り付けが標準。
割り付けはご相談で決めます。

03
フローリング・クロス

1階フローリングはパインの無垢材が標準!

オーク、アカシアに変更は約20万円(㎡数による)

エボニー

ブラウン

ウォルナット

オリーブ

ホワイト

2階床 カラーフロア

クリアウォーカー

ティーブラウン

オフブラック

カフェブラウン

ダルブラウン

ミューズホワイト

全室クロス

04
資材

ドア

ドア1枚追加 ¥98,000(税抜き)~
ペンキ塗料はベンジャミンムーアを使用しております。

ハイドア

木製ドア

海外からの資材

建具・ウッドパネル・ミラーなど海外から資材を直接購入することでコストダウン。

全室照明付

お店に売っているような照明カタログを取り揃えています!
上限あり

高性能

01
厳しい「耐震等級3」
基準による耐震設計

ホームランディックのお家は耐震等級3!
証明書を発行すれば耐震等級3のお家です。

 

 

02
高い耐震性
欠損の少ない金物ピン工法

金物工法とは、従来の木造建築で使われる木造軸組工法の接合部に、金物を使うことで、高い強度を持たせた木造建築工法です。
年々増加傾向にあり、現在、新たに建築されている木造住宅の約30%が金物工法です。

 

 

03
高耐久な「ベタ基礎」

ダブル配筋

ホームランディックの基礎は「ベタ基礎ダブル配筋」が標準です。
こちらの施工は災害時に絶対に壊れてはならない場所「ガソリンスタンド」等に使われます。これは2度目以降の大きな揺れにも備えられます。
倒壊の多くは一度目は耐えましたが2度目以降の余震で倒壊したものが多いです。

 

04
無垢材の1.5倍の強度
強靭な集成材を使用

ホームランディックは集成材を使用し、無垢材の弱点を補っています。
木材は根元から木の先まで、使う部位によって強度やしなやかさが異なります。
集成材は性質の異なる部位を切り分けて接着しているため、品質や強度にばらつきがなく、安定した材料になります。無垢材と比べても反りや割れが出にくいので壁などがひび割れる心配も少ないです。

 

05
第三者機関による監査

全棟実施!!

職人さんの腕はとっても大事。
でも、人間なので、誰にでもミスや漏れは発生してしまします。
ホームランディックで大事にしていることは、第三者機関での施工チェックです。
安心していただくために全棟で専門機関の検査を行っております。
5回検査を全棟実施しています。

06
安心・快適を実現する

「高気密」・「高断熱」

高気密高断熱の基準値として存在するのがUa値とc値と言われている数値になります。
第三者機関に測定を依頼し、高気密高断熱をクリアする数値をホームランディックでは標準仕様としています。

 

Ⅰ地域/Ⅱ地域 Ⅲ地域 Ⅳ地域
Ua値 0.46W/㎡・K 0.56W/㎡・K 0.75W/㎡・K
C値 2.0cm²/㎡以下 5.0cm²/㎡以下

UA値:外皮平均熱貫流率(値が小さい表面の断熱、遮熱性能が高い)

C値:隙間相当係数(値が小さいほど、断熱性能が高い)

 

 

ホームランディックは大手ハウスメーカーと遜色ない性能を実現

2018年6月1日現在の各社の断熱性と気密性と耐震等級

社名 構造 UA値 C値 耐震等級
ホームランディック 木造(在来) 0.5 0.3 3
I工務店 木造(ツーバイ) 0.28 0.6 3
Mホーム 木造(在来) 0.43 2.5 2
Sハイム 木造(ツーバイ) 0.46 1 3
Tホーム 鉄筋造 0.6 2.8 3

07
ZEH基準クリア

ZEHとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー)の略です。
住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス『ゼロ』にする住宅を指します。
ホームランデックは『ZEH』基準をクリアした高気密、高断熱の家造りを提案しています。

 

ZEH基準のUA値

地域区分 1地域 2地域 3地域 4地域 5地域 6地域 7地域
H25基準 0.46 0.46 0.56 0.75 0.87 0.87 0.87
ZEH 0.4以下 0.5以下 0.6以下
代表的な都市 旭川 札幌 盛岡 仙台 新潟 東京
名古屋
大阪
宮崎

08
高性能断熱材を使用

防音性の高いセルロースファイバーと断熱性の高い高性能グラスウールを使用。

 

 

 

 

09
高性能ハイブリット窓

全室ペアガラスのLow-E複層ガラス室内側は樹脂サッシを使用し、高気密高断熱を守るだけでなく、厄介な結露も防ぎカビなどの「ハウスダスト」も防ぎ、身体にも優しい家づくりをご提案しています。

 

大切にしていること

 

資料請求

Copyright ©Home Landick All Rights Reserved.